福原 (ふくはら あい、1988年〈昭和63年〉11月1日 - )は、1990年代から2010年代にかけて活躍した日本の卓球選手。Tリーグアンバサダー。宮城県仙台市生まれ、身長155cm、血液型B型。全日本空輸(ANA)に所属。早稲田大学中退 。2016年11月現在、夫・江宏傑(2016年9月より)と夫妻でドイツ在住。
102キロバイト (13,739 語) - 2021年3月4日 (木) 06:09



(出典 img.topics.smt.news.goo.ne.jp)


ご主人を子供さん達、どんな気持ちでいるのだろうか、と考えると胸が痛みます:;(∩´﹏`∩);:
夫婦仲のことは分かりませんし、第三者が口を挟むことではないのかもしれませんが、ご自身の立場を考えた行動というものは、やはり必要だったのではないでしょうか。
家族を守るためにも…。

1 ひかり ★ :2021/03/05(金) 08:41:55.99

 元卓球日本代表の福原愛さん(32)が4日、マネジメント契約を結ぶ「電通スポーツパートナーズ」の公式サイト上で、直筆の謝罪文を出した。

 「この度は、私自身の軽率な行動により、ご心配・ご迷惑をお掛けしておりますことを、心よりお詫び申し上げます。

 また、世界中が困難に直面するなか、皆様に誤解や疑いを持たれる行動をとってしまったこと、大変申し訳ございませんでした。

 台湾にいる夫や子供、家族に対しても不安や心配を抱かせてしまい、真摯に反省しております。

 今回の報道についてご説明させていただきます。

 2021年1月に、これまでの想いを具現化すべく個人事務所を設立させていただいたのですが、社会人経験がない私にとって、すべてが初めての経験であり、自分の無知さを痛感した日々でもありました。そうした中、社会人の先輩として尊敬していた友人にアドバイスをいただく際に気分転換を兼ねて、外出いたしました。一緒の部屋に宿泊した事実はありません。

 また、夫婦間で子供にとって何が一番なのか話し合っていることも、併せてご報告させていただきます。

 軽率な行動を心から反省し、卓球界のさらなる発展のため、そして社会に役立つ人間になることを目指して尽力してまいりたいと思います。引き続き、ご指導、ご鞭撻のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。 2021年3月4日

福原愛」(原文まま)

 4日発売の「女性セブン」と「週刊文春」にて、それぞれ不倫疑惑と、元卓球台湾代表の夫・江宏傑さん(32)との離婚協議入りが報じられていた。マネジメント会社によると、今後会見の予定は無いという。

 福原さんは16年リオデジャネイロ五輪後の9月に江さんと結婚。17年10月に長女、19年4月に長男を出産した。日本と台湾を行き来しながら卓球のTリーグ理事を務め、解説者としても活動。今年2月には自らが社長となり、株式会社「omusubi」を設立。同社の公式サイトでも、4日に謝罪コメントが掲載された。

スポニチ

https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2021/03/04/kiji/20210304s00026000471000c.html

(出典 www.sponichi.co.jp)


※前スレ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1614875338/


【【芸能】不倫疑惑 福原愛が直筆謝罪メッセージ公開「一緒の部屋に宿泊した事実はありません」と否定 ★5 [ひかり★]】の続きを読む


指原 莉乃(さしはら りの、1992年〈平成4年〉11月21日 - )は、日本のタレント、プロデューサー。女性アイドルグループ・『=LOVE』と『≠ME』のプロデューサーを務める。女性アイドルグループ・AKB48およびHKT48、STU48の元メンバーであり、AKB48の派生ユニット・Not
108キロバイト (14,887 語) - 2021年3月2日 (火) 13:41



(出典 www.tokyo-sports.co.jp)


整形についてはどうとも言えないですが、個人的には飾らない素顔の指原さんは、とても魅力的だと思います(=゚ω゚)ノ

人の魅力って、ホント顔だけではないですよね!!v( ̄Д ̄)v ~★

1 冬月記者 ★ :2021/03/03(水) 21:26:29.75

https://news.yahoo.co.jp/articles/f5a862918343eeeb4095dfef5c36f447a4d69c1f

(出典 Youtube)


指原莉乃のメイク動画、なぜ大ヒット? スッピンとともに見せた“飾らない素顔”

 YouTube上で一大コンテンツになっている「メイク動画」。美容系YouTuberだけでなく、いまや多くの人気タレント、俳優がすっぴんからメイクを仕上げる動画をアップしており、急上昇ランキングを賑わせている。

 そんななか、指原莉乃が自身のYouTubeチャンネルでアップしたメイク動画が公開から4日間(※3月2日現在)で再生数320万回を突破するなど反響を呼んでいる。

 先日コスメブランド「リリミュウ(Ririmew)」をプロデュースすることを発表した指原。今回は同ブランドのアイテムを所々で使いながら、スッピンの状態から“普段メイク”を施していった。

 まず指原は“普段メイク”について「テレビに出ている時のメイクは結構濃いので、今日は日常で人と会ったりする時のメイク術を紹介します」と説明。序盤では「先に言っておくとまつ毛パーマは結構大事です」とワンポイントを明かしていた。

 下地を丁寧に塗り、眉毛・目元をメイクしていく。目元については「半目メイクが大事なんです」と明かした。指原は自身が出演しているテレビを見ている時に、自分が半目くらいの目の開きでトークをしていると気付いたという。“人は基本気を抜いて話している”という仮説から、「半目メイクが大事」と説いたのだ。

 マスカラを塗る際には「まつ毛パーマ」の大切さも説明した。「私はまつ毛パーマをしているので、どんなマスカラでも相性良くいけちゃう」とした上で、「まつ毛パーマ出来る環境にあって“まだしてないよ”という方は絶対にして欲しい。QOL(クオリティ・オブ・ライフ)爆上がり! 時短になるし、お湯落ちでいけるし、これ以上良いことない!」と力強く説いた。

 それから自身がプロデュースしているカラコンブランド「TOPARDS(トパーズ)」の商品を装着してメイクを終えた指原。最後に「今日使った私のプロデュースコスメですけど、3月15日から予約が始まって、4月15日から販売開始になります。楽しみにしていてください」と視聴者に呼びかけた。

 人気タレント、それも元トップアイドルの“スッピン”というだけでも高再生数は納得だが、この動画の魅力は決してそれだけではない。メイク動画には“技術”だけでなく、そのクリエイターのキャラクターがよく表れる。巧みな話術で丁寧に解説する様子は“メイクの授業”とも言える内容だが、指原は「好きなメイクで、お仕事したり、休日を楽しんだりするのが1番なので、私の言ったことに囚われすぎず気にしすぎず、好きなメイクで楽しみましょうね」とファンに呼びかけており、スッピンとともに“気取らない素顔”を見せている。メイクのテクニックとともに、指原莉乃というタレントの魅力がしっかり表現されているのだ。

 また“流石だ”と感じさせられたのは、指原が自身のパーソナルカラーや肌質をきちんと理解していること。指原のように日々メイクと向き合い、自分に似合った色味やアイテムを選んでいくというのもメイク技術を向上させる大切なポイントなのだろう。気になる方はぜひ、動画をチェックしてみよう。


【【芸能】大ヒットのワケ★指原莉乃のメイク動画、スッピンとともに見せた“飾らない素顔” YouTubeで公開から4日で再生数320万回を突破 [冬月記者★]】の続きを読む


東京都(とうきょうと、英: Tokyo Metropolis)は、日本の首都。関東地方に位置する。都庁所在地は新宿区。最大の都市は世田谷区。 区部(23区)、多摩地域(26市と西多摩郡3町1村)および島嶼部(2町7村)からなる。関東南西部にあって東西に細長い域を有し、東部は東京湾に面する。西部は雲取山を最高峰とする関東山地となる。
116キロバイト (14,509 語) - 2021年3月4日 (木) 09:30



(出典 zumarketing.work)


年代や価値観の違いでも、住みたい地域が分かれてくるのかもしれません。

色々なことにチャレンジしたい、夢がある、農業をしたい、漁師になりたい、等…。

まずは、自分が何をしたいのか?でしょうか?(=゚ω゚)ノ

1 ひぃぃ ★ :2021/03/04(木) 19:19:19.26

地方在住者にとって、交通の便がよく何でも揃う東京は憧れの街。「一度でいいから東京に住んでみたい」と憧れる人は多いだろうが、残念ながらいいことばかりではない。都内で暮らすキャリコネニュース読者からは、

 「どこ行くにも並ぶことが多い」(30代男性/メーカー系/世帯年収550万円)
 「家賃が高い」(30代女性/金融・保険系/世帯年収350万円)

という声が寄せられている。ほかにもキャリコネニュース読者に聞いた「東京に住んでいてしんどいと思うこと」を紹介する。(文:大渕ともみ)

■「夏は暑いし、冬はからっ風の寒さと乾燥が酷くて嫌」

IT・通信系の企業に勤める40代女性(年収1000万円)は「東京はとにかく人が多い。どこに行っても人混み」と語る。東京といえば人気のグルメなお店がこぞって出店するイメージだが、女性は「人気の飲食店は予約必須。もしくは並ばなくてはならない。並ぶ時間の無駄さったら……」と苦労を明*。都内在住だからといって、すんなり人気店の味を楽しめるわけではないようだ。

さらに女性は「夏は暑いし、冬はからっ風の寒さと乾燥が酷くて嫌」と不満をもらす。理想の土地は「函館」と断言し、その理由について、

 「北海道にしては雪が少ないし、夏は涼しい。気候による災害もあまりない。食べ物も美味しく、温泉・空港・新幹線・海・山が近いためレジャーも困らない」

と絶賛している。

■「道路事情が複雑で、移動は疲労が溜まりやすい」

メーカー勤務の30代男性(年収400万円)は都内の社宅で暮らしているが、東京の家賃の高さに言及。「社宅なので安く住めている。住居手当がなかったら、この年収で東京暮らしは無理だと感じる」と率直な感想を述べた。また、東京暮らしのしんどさについては、

 「人が多く、歩く際に神経を使う。また道路事情が複雑で、慣れない道での車・バイク移動は疲労が溜まりやすい」

と打ち明ける。男性は「複数路線乗り入れのあるターミナルから、1つ離れた駅周辺に住みたい。最寄り駅まで徒歩10分圏内かつ通勤時間50分以内の場所が理想。家賃が手頃で交通の便がよく、ほどよい規模の町なら生活に困ることはないと思う」と語るが、そんな都合のいい物件はなかなか見つからない。男性が社宅を出るのはまだ先の話になりそうだ。

ほかにも、

 「東京はお金がかかるし密。通勤がラクな西日本に移住したい」(30代男性/IT・通信系/年収500万円)

という声が寄せられている。

2021年3月3日 11時20分 キャリコネニュース
https://news.livedoor.com/article/detail/19785236/

画像

(出典 image.news.livedoor.com)


【【話題】憧れの街東京でも、東京暮らしに疲れた人々「通勤がラクな西日本に移住したい」「人が多くて歩くのに神経を使う」 [ひぃぃ★]】の続きを読む

このページのトップヘ